日記マラソン

マンネリ生活に変化を起こす方法

プレゼントというのはなかなかいいものだなと思う。

こないだクリスマスだったが、店のバイト君たちがプレゼントあげたりしてた。

 

そう言えば、僕も会社にいる頃はよく同僚にちょっとしたプレゼントしたり、お昼に旬のフルーツを買ってきてデスクに配ったりしてたのを思い出した。

ここ最近はめっきりやってないので、そんなこと忘れていたんだけど。

 

プレゼントをまず誰かが思い立ってすると、当然受け取った人は何かしらの感情の動きがある。

コーヒー一つでも、例えば上司からふともらったら、意外と結構うれしい。気を使ってくれてるんだな、と思う。

プレゼントされた人は、次の機会に何かしらお返ししようと思う。これは「返報性の法則」という言葉で、【影響力の武器】に書いてあった。

また、それがきっかけとなって、普段あまり会話しなかった人が、親しく会話するようになるかもしれない。

 

このように、自分が誰かに、プレゼントというアクションをすることによって、ものごとは動き始めるのだ。

どう動くかはわからない。でも、必ず状況は動く。

相手の感情は少しかもしれないけど、必ず動く。

お返しがあるかもしれない。

こうして、人間関係に動きが生じる。

 

もし、日々の生活がマンネリ化して、変化のない退屈さを感じていたら、プレゼントしてみるのを試してみてはいかがだろうか。

そうすることで、必ず何かが変化する。

バタフライエフェクトじゃないけど、小さなその行動によって、巡り巡って大きな環境の変化につながるかもしれない。

 

自分の好意で行うのであれば、きっと悪い状況の変化は起こらないのではなかろうか。

迷惑をかけなければ、多少の下心が動機でも構わないと僕は思う。

そうやって、自分の周りに変化を起こしていくことができる。

 

大学生のバイト君の行動で、そういうことを学ばせてもらった。

僕がこういった学びを得たのも、バイト君がその行動を起こしてくれたおかげなのだ。

つまり、プレゼントされた本人以外にも、影響を与えるのだ。

まあ、彼のプレゼントはシタゴコロっぽかったけどな。笑

-日記マラソン

© 2022 はしもっの人生遭難劇場