日記マラソン

2022年,いつもの生活

今日から2022年らしいが、僕がすることはいつもとなんら変わらない。

いつものように昼ごろ起きて、ランニングに出る。シャワーを浴びて、カフェで小説を書いた。

少し違う事と言えば、一応正月なので、実家に帰ることくらいだ。

このように、僕は淡々と、いつもと同じ生活をする。初詣客で賑わう人々に目もくれず。

とうとう誰一人あけおめLINEも送ってくれなくなったけど、そんなこと普通は気にしないもんだろうか?

まあ、元日も普通に仕事してるひとがたくさんいるのだから、こんなもんで普通だろう。

年を越す家が無い人だっている。

孤独がなんだと言うのだ。

誰も何も言ってこない、これって実はとても良いことかもよ。

いちいち心配もされないし、しない。

平和ってことでしょう。

少なくとも僕は、縁に恵まれて生きてくことができてる。

だとすれば、淡々といつものように、少しずつ自分の才能を磨く事以外、なにをする必要があろうか。

-日記マラソン

© 2022 はしもっの人生遭難劇場