おっさんが居酒屋で語るクソ話

今はただ、淡々と。

今日は仕事終わりにさっき30分ランしてきた。

水曜日に20キロの本番前練習をしたいので、今日は軽めに。

結局気持ちよくて35分、7キロのランとなった。

 

これくらいのペースで気持ちよく走れれば、まずまずかな。

最初の1キロだけゆっくりジョグして、2キロからは無理せず気持ちよくスピードに乗る感じで走る。

その感じでキロ4分50前後。

7キロの時点でまだまだ心地よく乗れている感じだったので、このペース維持でもうしばらくは走れそうだ。

 

今月に入ってから、少しずつではあるがインターバル走を取り入れている。

なんとなくその効果が出ているのでは?という感触がある。

少しスピードに乗せて走っても足にあまり来なくなったし、自然にストライドが伸びている感覚だ。

インターバルのキロ4ふん20〜30ペースで走ると、結構足の筋肉に疲労を感じる。その疲労する筋肉が、そのまんましっかり鍛えられている感覚だ。

これが、キロ5分前後のペースで走る脚に生かされているのではないかな、と感じる。

 

小説の方は、今日もだいぶ寝坊したのもあって、進捗が悪い。今日は4枚くらいかな。

展開も迷走している感があるが、全く筆が進まないよりはいいだろう。

この後の展開はちゃんとアイデアがあって、つなぎの部分で詰まっているだけなのだから。

そんなとこに詰まるくらいなら、書けるとこから先に書いてしまうってのも手だろう。

まあ、つまる部分は後から書いても詰まるだろうから、書けるんなら今書いてしまえばいいか。

 

どうせ修正が前提なのだから、悩んでストップしてもしょうがない。残るかわからない文章なんだから、そんなのはサクッと飛ばしてしまわないと。というか、文章はほぼ原型をとどめないだろうから、マジで詰まって進まないとか時間の無駄でしかない。

まずはとにかく、第1稿を書き終えて一応話を完結させなければ。とにかくそれが優先。というか、それがないところから先はありえない。

出来上がってないものの出来栄えを気にしてどうする。

まずは初稿が書き上がらないと、悩みようがないものなのに!

生クリームができていないのに、うまくデコレーションできるか気にしているようなもんなんだ。

 

書き上がらないと話が進まない。成長もない。人生何も変わらない。ただの無駄な時間。膨大な時間の無駄になる。馬鹿を見る。

わかっているのに、進まなくなるのは雑念だよね。

結局何かに心が乱されているのだ。

次の景色を見るためには、進むしかないのだ。今はただ、淡々と。

耳より情報

Amazonプライム会員なら無料で試着できます。
何種類かの色、サイズを試して無料で返送できるサービスです。

まだプライム会員になってない方はこちらからどうぞ⇨

プライム会員になる

【きんぱんからのお願い】 たまにクリックされないとアマゾン商品を紹介する資格が剥奪されてしまうので、なんか買い物するときは下記リンクを踏んでいただけると助かります。 (買うものは下の商品じゃなくていいです)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!

この記事がイイと思ったらシェアしていただけるとハゲになります!↓↓↓↓↓

-おっさんが居酒屋で語るクソ話

© 2024 走る作家きんぱんのブログ