日記マラソン

今年をてきとうに振り返る

今年も残すところあと1日だ。

ほんとうに早すぎて何をしていたんだかわからない。

 

そういえば、正月は農鳥岳に挑戦したり、甲斐駒ケ岳に登ったりしてたな。

登山にガチハマりしていたので、今年やりたいことは登山関係に集中していたが、途中で小説を書こうと思い立ってからは、完全にそれがメインとなってしまった。

まあイメージどうりにいかないのはごく普通のことなんだが、今年は少なくともグダグダすることなく、ちゃんとやりたいことをやっていたように思う。

 

小説を書くことを中心に据え、それのためにランニングで脳を鍛えることに取り組んできた。

それでランニングにハマり、登山よりそっちにシフトした。

 

単純に飽きてやることが変わったのでなく、もっとやりたいことが見つかって進化していった点で、自分なりには評価できる1年だったと思う。

 

とは言え、5月から取り組んだ小説は結局1作も書き上がることはなく、年末を迎えてしまった。

何にも成果物はない。ブログも大してアクセスは伸びていないし、やっとアフィリエイトで1個売れただけだ。

成果が何にもない。

こんなペースでは何100年かかっても、僕はこのまんまだ。

 

だから、来年は何が何でも、なんかしらの結果を出そう。

結果は良い結果でなくてもよい。とにかく世の中に対して発表ということをしないと。何にもしていないのとおなじだ。

そうしなければ、なんのフィードバックもないし、成長もない。評価もない。

 

酷評でもなんでもいい。ほぼ間違いなく小説は落選するだろう。

でもそれでいい。そういうことを通過しないと、先はないのだから。

完成物を作らないと、来年も何もしていないことになる。

 

マラソンに関しては、4日にハーフマラソンだから、一応の結果は出る。

1つくらいは、フルに挑戦したい。

いずれも大した結果は出ないだろう。

だけど、結果という成果物を得ることが、まずは必要だ。

 

来年はそういう年にしていく。

とにかく成果物。生産する。生産する。生産する。

2022年の方針は決まったな。

 

-日記マラソン

© 2022 はしもっの人生遭難劇場