日記マラソン

毎日書くということ

やっぱり波ってあるもんなんだよなあ。

体は元気。疲れもたまってない。なのに、集中力がない。活力というか、心のパワーがない。

小説を書いても、進みが遅い。書きたいことはあるけど、迷いが出る。

 

なんだろうなあ、今日はランオフにしたけど、そんなに走るのサボっってるわけでもないし。

どうも、定期的にこういう、気持ちがゆらゆらして思考が定まらないって時がくる。

変に不安になる。

 

そしてまた、何に不安なのか、何に迷ってるのか、うまく言語化できないところがやっかいだ。

ただ漠然としたモヤモヤ。コレジャナイ感。

俺はちゃんと正しい方向に進んでいるのか?という疑問。

何に迷ってんだかわからない迷い。

あー、わからない。

 

ただ、こうして感じていることを書き出すという行為は、わずかにではあるがすっきりした感は出る気がする。

この誰も読まない日記マラソンをやり始めてどれくらいになるんだろう?

そろそろ2ヶ月くらいか?

 

こういう、人に読まれることを意識しない文章を書くというなら、毎日苦もなく書けるということがわかった。

ブログの記事だと思って、SEOを意識して、読者のタメになる話を書こうとすると、毎日書くのは僕にとってはかなり難しい。

 

だけど、書きたいこと、言いたいことは毎日毎日いくらでもあるんだ。

でも、誰も俺の話なんて聞いてくれる人いないから、こうして文章として吐き出してる。

 

あ、つまりこれは、嫁が旦那に向かって延々と愚痴とかを喋るのと同じなのか。

あるいは主婦どうしが繰り広げる世間話。会話しているようで、自分の言いたいことを言い散らかしてるだけのカオスのやつ。

 

あれと一緒なのだ。

人間誰しも、言葉を吐き出すことで心のバランスを取っているに違いない。

しかしいちおうこの文章はネットに公開されてるから、僕の吐き出す言葉によって誰かを不快にさせるようなことが無いようにしたいな。

願わくば誰かをほんの少しでも勇気付けることができるよう。

もしも、僕の言葉が誰かに届くのであればね。

 

まあ、誰も読まないから関係ねえか。

 

-日記マラソン

© 2022 はしもっの人生遭難劇場