日記マラソン

ストリークなるものにチャレンジするぜ

クーリエジャポンというウェブマガジンの記事でいいのがあった。

「ストリーク」という、毎日1マイル以上を必ず走るというものについてだ。

1マイル=1.6キロ程度なんてぜんぜん難しくなさそうに見えるが、ポイントは「毎日必ず、自分の決めた期間続ける」というところだ。

 

記事ではまずは2週間、チャレンジしてみてはどうか、と提案されている。

自分できめた期間は、いかなる状況でも、必ず毎日続ける。2週間でも、3ヶ月でもいい。ペースもそれぞれだし、もちろん1マイル以上走ってもいい。

ただし、これは自分との約束である。極めて個人的なチャレンジなのだ。

 

これ、チャレンジしてみようと思う。

1マイルなら、だいたい10分といったところだ。だから、10分は毎日必ず走るというルールにする。期間はまず2週間。

 

今までも走ってきたし、去年の6月から続けている。

でも、毎日は走ってない。適度に休足日を設けている。

 

これからは毎日やる。今まではランオフに充てていた日も、これからは最低10分のランを行うことにしよう。

 

11月くらいから始めたこの、「日記マラソン」も言うたら同じようなチャレンジだ。

今のところ毎日続いている。クリスマスに後輩たちと飲んだ日も、帰ってからちゃんと書いた。

これについてはとりあえずは3ヶ月が目標だ。

 

この日記マラソンと並行して、ストリークにチャレンジだ。

 

この記事でとても感心したことは、

「毎日必ずやるのだから、今日はどうしようとか、どれくらい走ろうとか、そういうことに気をもむ必要はない。」

という文だ。

つまり、やろうと決意するためのエネルギーなんか使う必要がなく、ただ黙って無感情で走りだす、ただそれだけなのだ。

一度決めてしまえば、あとはやるだけということだ。

 

これは最強の「続ける」メソッドかもしれない。

心の決断エネルギーを一切使う必要がないのだから、思考力も節約できるではないか。

スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグが毎日同じ服を着る理論と同じだ。

 

もう一つ、非常に響いた部分はこれだ。

「歯を磨くように毎日やるということは習慣であり、何かのトレーニングというよりは、人生そのものになる」

ああそうか。クソ腑に落ちたわ。

毎日続けることこそが、人生そのものだったんだ。

何かで成功して、その時人生が変わるのではない。

毎日行っていること、それ自体がすでに人生なのだ。

なんてこった。そんなことも知らなかった。

 

つまり、僕はこれから毎日走る。

だから、走ることは人生の一部だ。

そして毎日書く。この日記もそうだし、小説の執筆も同じ話だ。

書くことも人生の一部になったのだ。

そういう、毎日続ける、自分にとって大切なこと、それが人生の時間を埋めていくんだ。

そう、人生の時間は、大切なことで埋めないといけない。

不要なことや嫌なこと、自分でなくてもいいことなんかをしている場合じゃない。

 

僕は旅をしながら、毎日走って書いて、という生き方をしたいのだから、毎日やることを決めた時点で、その人生はスタートを切っている。

つまり、夢は毎日実現しているのだ。

1日1日が、人生そのものだったなんて。

 

もっと自分の大切なことのために、1日を埋められるようにしていこう。

大切なことはなにか、いつも自分に問い続けよう。

仕方なくやる労働もあるかもしれない。

だけど、将来的に、それらを減らすための努力を、毎日しよう。少しづつ。

 

ということで、走ります、書きます。毎日。

-日記マラソン

© 2022 はしもっの人生遭難劇場