日記マラソン

春を待つ梅の花

今日の実績は9.8キロジョグ。小説は約2,000字。

ランの方は疲れが抜けていなくて体が重かったが、執筆の方は1.5時間くらいでまあまあはかどった。

 

今の僕の脚では、10キロくらいを3日続けるとだいぶ疲労が溜まってしまう。

昨日、今日とペースはゆっくりのジョグにしたが、それでもなかなかしんどかった。

結局今まで月間200キロを超えたことがないので、今月は達成したい。

今の僕にはけっこうきつい距離だが、いうても200キロだ。ランナーならみんな走ってる。

これくらいはあたりまえにこなさないと、とてもフルマラソンどころではない。

 

今日のランは、大宮公園の第3から第2をまわるパターンをとってみた。

僕の場合は毎回違うコースを走るが、これが結構新しい発見とかがあっておもしろい。

 

大宮第2公園には梅林の道があるんだが、さすがにまだ咲いてない。

・・・と思いきや、ちらほらと赤いつぼみをつけてる木がある。

それで気づいたんだが、梅の花も、もうすでに準備してるんだな、と。春の訪れにむけて。

 

そう、当たり前のことなんだが、なにか物事を成すには、準備というものが必要だ。

事前に、何ヶ月も何日も、場合によっては何年も前から、準備をスタートするプロジェクトだってある。

今までの僕は、そんな基本的なことまでわかっていなかったと思う。

 

インスタントで、何か一つうまくいけば、ポッと稼げたり有名人になったりする。

努力なんかいらなくて、成功するのに効率のいいやり方があるよ。まだ知らないの?みたいな風潮。

そしてそういうのでうまくいった事例ばかりもてはやされ、ありがたがる世間。

そんな空気に流され、僕自身もそんな、超効率社会の幻想に惑わされていた。

一つ歯車さえ合えば、突然道が開けるもんだと、思いこんでた。

 

でも、やっぱりそうじゃあない。

たまたまうまくいったレアケースなんかを自慢したところで、それは上手にインスタントラーメンが作れたくらいの話だ。

本質的な価値ではないのだ。

 

世の中にはちゃんとしたものだってたくさんある。

それはしかるべき手間と時間をかけて、作り上げられたものだ。

偉大な建築物、芸術、事業、プロダクト、それは効率を追求したところでできるものじゃあない。

時には無駄とも思える積み上げがあって、やっと完成するようなものだ。

 

僕はもっとそういうものに目を向けるべきだったし、そういう生き方を実践すべきだったと思う。

ある日突然、いいアイディアを思いついて、一つのチャンスでうまくいくなんてことはないのだ。

でも実際は焦って、そういうものばかり追い求めていた。

 

梅の花でさえ、毎年の決まったスケジュール通りに、周到に準備していたのだ。

きちんとしかるべき時期に、つぼみを蓄え、春に咲かすのだろう。

もっと言えば、つぼみの前に、1年かけてエネルギーを蓄えてきたのだ。

梅の花でさえ、などと言ったら梅の花に失礼だろう。

僕は梅の花にこそ、学ぶことがあったわけだから。

 

何かを成すには積み上げが必要。しかるべき時間と手間と、準備。

今はまだタネを蒔く時。梅はまだ木にすらなってない。

やがて葉を付けるだろうか?花までこぎつけることができるか?

いずれにしても、いきなり花は咲かない。それだけは確かだ。

-日記マラソン

© 2022 はしもっの人生遭難劇場