日記マラソン

今日感じた脳の成長

ここんとこ疲れがうまく取れないので、今日のランも短めにサクッとコースにした。

30分で、いけそうなら早めのペースで走るという行き当たりばったりラン。

結果的にはまあまあ調子が良く、4、5キロのラップはキロ4:38くらいのペースになった。

 

しかし、感覚的にはかなりのスピードで走ったつもりが、やはり4分半くらいしか出ない。

やっぱりなー、基本的にスピード練習が足りてないんだよなあ。

週1くらいは、インターバルやんなきゃな。

 

だが一番大事なのは続けることだ。

ある1日だけを目一杯頑張ってしまうとあとが続かない。たぶん僕の場合は。

だからちょっとヌルイかな、くらいでいいのだ。

 

 

さて、問題は小説の執筆の方だが、今日はなんだか筆がサクサク進んだ。

頭の中のイメージが動画(というか主人公視点)で流れるんだけど、それを実況するみたいに筆記していくのね。

それが初めてできた感じがする。

 

映像が勝手に再生されて、話が勝手に進んでいく。

僕はそれを言語化して紙に書き込んでいくだけ。

そういう状態を、たぶん初めて経験した。

 

なんとも心地よくて、映像に一生懸命ついていくかんじで、気がつくと時間も文字数もあっという間に積み重なった。

なんていうか、頑張って想像して、こうなったらこうで、とか考えてすらいない感じなのだ。

話が勝手にすすんでいく。

だから脳みそに疲労感がない。

 

森博嗣なんかは、1時間で6000字とかいう途方もない速度でタイピングするらしいが、

それはイメージが進んでいくのに必死についていくから、それ以下の速度では打てない、と変態なことを本に書いていた。

村上春樹も、登場人物たちが勝手に動き出すのを書き起こしていく状態は、作家にとって幸福な瞬間、みたいなことを書いていた。

その他の作家たちも、軒並み似たようなことを言っている。

 

僕のなんかはぜんぜんそんな境地に達していないが、おそらくその「幸福な状態」の一端を垣間見たのだろう、と思う。

これはうれしいことだ。

ランニングをコツコツと続けてきたことで、少しずつシナプスが増えているんだろうか。

今日感じた現象は、おそらく脳の成長を示していると思う。

また明日もそんな幸福感を味わえるだろうか。

 

書くという行為でドーパミンが分泌されるのなら、書くことがもっと好きになりそうだ。

そんな状態になってみたい。

-日記マラソン

© 2022 はしもっの人生遭難劇場