日記マラソン

タバコやめます

タバコやめようと思う件について。

今はアイコス吸ってますが、今日ふとやめようと思った。

もともと吸わない人からしたら、そんなこと決意するとか全く意味わからんと思う。

だけど、ニコチンの依存性というのはやっぱあって、喫煙者からするとタバコ吸って一息つく時間がなんとも尊く感じているものなのだ。

自分にとって必要な時間であり、もっと言えばこの時間がなくなったらどうかしてしまうんじゃないかとさえ思うのだ。

 

自分は一度、半年ほど禁煙していた時期があって、吸わない生活がどんな変化をもたらしてくれるかを知っている。

それはもう素晴らしいものだったが、再び吸い始めるとその素晴らしささえ一切忘れてしまう。それくらいニコチンのパワーは強い。

 

たぶん吸うことによって脳が変わってしまっているんだろう。

吸ってないときは、「なぜ自分はこんなものに多くの時間とお金を使ってきたのか、マジで信じられおくん」と思う。

しかし吸ってるときは、「もしこのリラックスタイムがなくなったら、どう過ごしたらいいのかわからん。頭がおかしくなってしまうのではないか」と思ってしまうのだ。

思考が完全におかしい。

 

実際、喫煙による有害物質の摂取は、脳に変化をもたらすらしい。

ドーパミンが減るという話もある。

だとしたら、小説を書くにしても、吸っていなかったら本当はもっといいアイデアだったりが浮かんでいたかもしれない。

何れにしても、タバコによっていい影響があるはずはないので、少なからず何かしらのマイナスはあったはずなのだ。

 

とすればよ、例えば人生の最後死ぬ時になって、「もしタバコを吸ってなかったら、もう少しだけ、いい結果を出せたかもしれない」という思いが出てきてしまったら・・・

それはもう後悔しかないだろう。

そんなことのために、人生の可能性をいくつも潰してしまったかもしれないのだ。

 

納得できる人生にするのか、もしあれをやってなかったらと思う人生にするのか、天秤にかけたら、そりゃあ前者だろう。

だから、やっぱりやめた方がいい。

 

一時期禁煙していたから知っている。吸わないでいても、何にも問題は起こらない。

数日も過ぎれば、出先で喫煙所を探し回っていた時間を、なんであんなことしていたんだろう?と不思議に思うようになる。

 

もちろん、吸わなくなったからといって、べつに人生がガラッと変わるわけでもない。

だけど、この程度の自律もできない人間ではだめだと思う。

他人はべつにいいんです。吸ってるからといって下に見たりはしません。吸ってたって、立派な人はたくさんいますし。

だけど、自分はそれくらいしないとダメだと思う。僕にとっては必要なことなのだ。

 

やると決めたら、僕はきっとやる。

そう思えるようになってきたのは、ランニングなり小説なりのおかげかもしれない。

-日記マラソン

© 2022 はしもっの人生遭難劇場